視力測定は必ず行おう

なぜ視力測定が重要なのか?

メガネショップなどでメガネを新調する際には、必ず視力測定を行うようにするべきです。時々、以前に測った視力からあまり変わっていないので、その時のデータを使えば良いといって視力測定をせずにメガネを新調する方がいますが、これでは本当に自分の目に合ったメガネは作れません。人間の目というのは非常にデリケートな構造になっており、その視力は日々刻々と変化しています。自分では気づかないケースも多いのですが、そういった変化が積み重なると、あるとき突然視界がぼやけたり、焦点がずれて見えたりするおそれがあるのです。そのような事態を極力避けるためにも、メガネを作る際は、その時の視力を正確に測ってそれに合うものにすべきなのです。

度数の合わないメガネを使用するとどうなるのか

では、きちんと視力測定を行わずに、度数の合わないメガネを使用してしまった場合に、どういったことが起こるでしょうか。その影響はすぐには顕在化しませんが、長期間使用し続けているうちに、徐々に視力に問題が生じ利用になってきます。すなわち、メガネに合わせて無理にピントを調整しようとする結果、水晶体に歪みが生じたりしてくるのです。一度歪んでしまった水晶体は、簡単には元に戻らないため、そのまま放置していると視力が悪化するだけでなく、場合によっては重度の乱視を引き起こす恐れがあります。軽度の乱視は眼鏡で補正できますが、ひどくなってしまうと日常生活に支障をきたしかねないため、そうならないためにも自分の目に合ったメガネを見に受けることが大切です。