メガネのサイズは顔の3分の1

似合うメガネ選びとは

数多くの種類があるメガネの中から、自分にピッタリものを選ぶのは意外と大変です。フレームを選ぶ基準として、抑えておきたい要素があります。それは、メガネのサイズは顔の3分の1に収めることです。フレーム選びは、顔とのバランスが重要となります。理想的なサイズとは、メガネをかけたとき上下の幅が眉からあごの先からみて三分の一になっていることです。ここで、大きいサイズのフレームだと逆に顔を大きく見せてしまう恐れがあります。逆に、メガネが小さいものだと浮いたように見えてしまうのです。また、メガネの上部と眉の形は関係性があります。眉の形に添うようなもので、トップリムが眉幅に対して三分の一程度になっているメガネが良いでしょう。

自分の顔のイメージを知っておくべし

メガネを選ぶ際、顔の大きさや全体的なバランスが大切になります。選ぶ前に、自身の顔のイメージを知ることから始めましょう。顔の形といっても、長くてふっくらしているのか短くてふっくらしているのかによっても雰囲気は変わります。長くてふっくらした人は、優しさや落ち着いた印象がもとからあるのです。短くてふっくらした人は、若々しさや可愛らしさと兼ね備えた印象となります。この他にも、眉や唇にヘアスタイルといった要素を加えることでメガネの演出効果も変わってきます。自信の顔のタイプを考えてからフレームを選ぶと理想のものと早く出会えるでしょう。顔に自然と合うものを選びたいなら、メガネのサイズは顔の3分の1となる基本を覚えておいて探しに行くと良いです。