顔の形に似たラインのフレームを選ぶ

自分のメガネのフレームと輪郭を知る!

近年メガネは視力矯正の目的以外にオシャレにも使われますよね。ですが流行っているメガネをかけてもなんとなく似合わないってことはありませんか?実は輪郭によってフレームを選ぶと似合うメガネに早くたどり着くかもしれませんよ。まずフレームの種類を見ていきましょう。大きく分けて8種類あります。種類はスクエア、ウェリントン、オーバル、ボストン、ハーフリム、ラウンド、フォックスです。次に顔の輪郭を分けてみると、大きくは面長顔、丸顔、三角顔、四角顔に分けられます。まずは自分の顔のタイプがどれにあたるのか考えます。次にどのように見せたいかを考えてみましょう。例えば知的に見せたい、柔らかい表情に見せたい、というようなことを大まかに考えておきます。

自分に合ったメガネを見つける

輪郭となりたい雰囲気が決まったら、いよいよ合うメガネ選びですが、メガネの決め方としては自分の輪郭に似たメガネを選ぶとよいでしょう。例えば面長顔の場合には、顔の面積を目立たせないようにするため大きめのウェリントンやボストンがお勧めです。次に丸顔の場合は、オーバル、ハーフリムなど曲線を交えつつシュッとした印象を与えるものがいいでしょう。次に三角顔の場合は輪郭に合わせてオーバルやハーフリムを用いると輪郭に合い自然な感じに見えます。最後に四角顔の場合にはスクエアやウェリントンなど輪郭に沿うもの選ぶといいでしょう。輪郭に合ったメガネがわかったら、知的でスマートな感じを出したい場合は直線的なフレームを、柔らかく穏やかな印象を与えたい場合には曲線を含んだフレームを選ぶといいですよ。