レンズの中心に黒目が来ていること

レンズの中心と黒目の位置が合わないと視野に悪影響がある

メガネを作る際には、レンズの度やフレームのデザインだけでなく、レンズの中心に黒目の位置が合うようにすることが必要です。両目の黒目の中心間の距離を瞳孔間距離と言いますが、メガネのサイズはこの瞳孔間距離に合わせなければなりません。レンズの中心間の距離と瞳孔間距離が合わないメガネをかけていれば、左右の目に映る映像に大きな差が出て脳が調整できません。このまま放っておいたら、視界に歪みが生じてクリアに見えなくなってしまうでしょう。短時間メガネをかけているだけで、目の疲れを訴えるようになります。瞳孔とレンズの中心がピッタリ合うように瞳孔間距離とメガネフレームを調整することは困難ですが、片目につきそれぞれ1ミリ以内の誤差なら問題ありません。

レンズの中心と黒目のズレは見た目にも影響する

レンズの中心と黒目が合わないと、目に悪いだけではありません。メガネをかけた顔の印象も変わります。黒目がレンズの中心から外れていると、実物より顔が大きく見えたり、パッとしない印象を与えたりするでしょう。黒目がレンズの中心より外側でも内側でも、印象は同じです。特に度の強いレンズの場合、黒目とレンズの中心がズレていると、間の抜けた顔に見えてしまうと言われています。レンズの中心と黒目のズレが生じないようにするには、レンズの大きさにこだわるだけでなく、瞳孔間距離に合ったフレームを選ばなければなりません。メガネの専門店では、瞳孔間距離を正確に計測してメガネフレームを選んでくれるので、心配な場合は専門家に相談しましょう。